河原パティシエ・医療・観光専門学校は修学支援新制度の認定校です。
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて
オープンキャンパス
資料請求
オンライン個別相談

卒業生の活躍

Graduation Activities
2014.07.07ブライダル・ホテル科

ブライダル・ホテル科H25年度卒業生来校!!~PART1(^^)/』

卒業生が、学園祭「ブライダルショー」の練習が気になったのか
遊びに来ました!!
嬉しいものですね★

働き始めて3ヶ月!!
どんな愚痴がでるのかと思いきや
なんとも前向きな、力強いコメントを
彼らの口から聞くことができ、
これまた嬉しい気持ちが胸に込み上げてきました 
さっそくですが
大和屋本店(レストラン勤務)の栗田修都さん
東京第一ホテル松山(宴会サービス勤務)の清水雅司さん
へ突撃インタビューしました~!!★

 ▽写真左より)栗田さん、菅先生、清水さん

Q.社会人になってどう? 

栗田:「時間が経つのが早いですよぉ、一日があっという間です。」
清水:「走り回ってるから、僕、こんなに痩せましたよぉ」

Q.勤務先ではどんな仕事してるの? 

栗田:「接客はもちろんですが、料理や会場のセッティングとかもやってます。
    でも、団体客のアテンド対応はまだまだだし、
    お客様の想定外の動きにうまく対処できないんです。
    最近改めて“接客業で大切なことはしっかりと言葉で伝えることだ”って思います。」
清水:「ランナーって言って100名規模の宴会の器組をしたり、
    料理出しのタイミングをはかって料理運びをしてます。
    宴会が各会場で何件も重なっている時はパニックですねっ!
    でもスタッフ間の声掛けは忘れないようにしてますよ。」
 Q.学校での勉強で役立ったことは何? 栗田:「大和屋本店にはオリジナルワインがあって、
    それの蒲萄の種類がすぐに分かりました。
    あとは、それぞれの検定での基礎知識は全て役に立っています。」
清水:「レストランサービスで学んだ基礎技術は、
    現場ですぐに役立つものばかりでした。
    たとえば、料理プレートの3枚持ちやシルバー類のセッティングなどですね。」

 Q.ホテルに就職してよかったなぁって思える瞬間は? 

栗田:「わざわざ 僕に会いに来てくれるお客様がいるんです!
    やっぱりお客様からの“ありがとう”の言葉は何より嬉しいですよね。
清水:「お客様と話をしていて“自分を気に入ってもらえた”という
    実感がある時が嬉しいです。
    そして最近一番うれしかったことは、料理長に「お前が頑張らないかんぞ!」
    って言ってもらいました。
    僕を期待してくれてる!っていう実感があり、
    これからも頑張るぞぉって強く思った瞬間でした。

親心・・・といいますか、教員心なのですが
学生達が成長する姿は何物にも代え難い宝物ですね 

(卒業時担任 菅巻子より)